あだち眼科のアクティビティ

京都府八幡市で唯一近視治療(オルソケラトロジー)、先進医療(多焦点眼内レンズ)を行う眼科施設です。

近視治療

子どもの視力低下 放っておかないで

文部科学省調査 裸眼1.0未満の小学生過去最高の34%

日本近視学会の理事長である東京医科歯科大学の大野京子教授はこの結果を受け、眼科医は近視進行についてもっと警鐘を鳴らさねばならない、と以下を述べられています。

スマホよりもタブレット端末、さらにテレビのほうが影響は小さいと考えられる

メガネの度数は弱すぎても強すぎても良くない。眼科で受診して正しく視力を測り、眼球の発達が続いている小学生の間はできれば毎年メガネを取り換える方がよい

近視が進むのを抑える治療で信頼性や安全性が認められているもの(低濃度アトロピン点眼、オルソケラトロジー、多焦点ソフトコンタクトレンズなど)もある

「近視の進行抑制」をうたった治療の中には科学的根拠が認められていないものもあるので注意が必要

スマホやゲームによる脳の発達への影響で内斜視(寄り目)も心配されている

近視を正しく理解するためのサイト

「親子で学ぶ近視サイト」https://kinshi-yobou.com/

「メガネと視力のひみつ」https://kids.gakken.co.jp/himitsu/159/


近視進行抑制のもう一つの選択肢

あだち眼科では近視進行抑制に力を入れております。治療として主にオルソケラトロジーが行われておりますが、全員にできる治療ではありません。例えば、強度近視(ー6.0D以上)、角膜形状異常、重症のアレルギーやドライアイなどを持っている患者には近視治療の選択肢として多焦点コンタクトレンズが挙げられます。近年の研究では多焦点コンタクトレンズが学童の近視抑制に効果があると報告されております。

第125回京都眼科学会に出席し、多焦点コンタクトレンズによる学童の近視抑制が発表されました。現在はその治療が京都府立医大と筑波大学で行われております。あだち眼科ではこの両施設と同じメーカーの多焦点コンタクトレンズを使っております。興味がある方はお問い合わせください。


IMG_1788


京都府内の裸眼視力、高校生の悪化目立つ

文科省の発表によると、裸眼視力が1.0未満の子どもの割合は、京都府内が小学生で34.7%(前年度32.9%)、高校生で70.3%(前年度69.6%)にのぼり、いずれも全国平均を上回り、裸眼視力が0.3%未満の子の割合も府内は小学生で10.2%(全国9.3%)、高校生で47.9%(全国39.1%)と、いずれも全国を上回りました。特に高校生は前年度を8.6ポイント上回り、大きく悪化したということです。スマートフォンなどの利用も大きく影響しているのではないかとみる専門家もいます。

コンタクトで近視抑制研究

6月に京都府立医大でコンタクトによる近視抑制の臨床研究が行われるという新聞記事がありました。
近視の低年齢化が問題になる中、筑波大学との共同研究で、対象は視力0.6以下の小学生100人を募集するとのことです。
このコンタクトレンズは一般的なレンズと異なり、網膜周辺でもピントが合うように調整されているのが特徴で、目の負担が減らせることにより近視の抑制が期待できる「多焦点コンタクトレンズ」と呼ばれるものです。

当院では近視抑制治療としてはオルソケラトロジー、低濃度アトロピン点眼を主に行なっておりますが、強度近視が強い方やオルソケラトロジー適応外の方にこのコンタクトレンズの採用を検討しております。興味のある方はご相談下さい。

調節麻痺と近視進行抑制

第122回日本眼科学会総会に参加しました。
筑波大学平岡孝浩先生による調節負荷と近視進行の関連性についてお話を伺いました。

IMG_1744


近視患者の世界的な増加により、近視関連合併症に伴う失明者の急増が懸念されており、近視進行抑制法の確率は急務の課題となっています。
講演では、当院で処方しているアトロピン点眼0.01%の有用性について述べられていたことに加え、オルソケラトロジー、多焦点コンタクトレンズについても紹介されていました。

近年の学会では近視進行抑制に関する講演が増えてきたと感じております。当院では積極的に最新の情報を取り入れていこうと思っております。
今後近視治療の研究が進歩することを願っております。

ギャラリー
  • 本当に瞼が下がっているだけでしょうか
  • 近視進行抑制のもう一つの選択肢
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会