視力については関心が高く、気にされている方は多いと思いますが、今回は視野のお話です。
視野とは目を動かさないで見える範囲のことです。仮に異常があっても気づかない事が多く、気がついた時には既に進行している状態になっている事も少なくありません。加齢とともに増加し、早期発見をする事が重要になってきます。

視野が損なわれる病気で代表的なものは以下になります。
◯加齢黄斑変性
◯白内障
◯網膜色素変性
◯緑内障

この中でも緑内障は失明原因のトップと言われています。初期の段階では自覚症状がなく、一度視野が欠けてしまうと元どおりには戻りません。しかし、緑内障とわかった時点で点眼薬などの治療を行えば進行を遅らせる事が可能です。中高年から罹患率が増えることから40歳を過ぎたら一年に一度は眼科での検診を受けることをおすすめします。
このことはJAFの定期紙JAFMateでも取り上げられており、視野に異常がある状態で車を運転することは非常に危険であり、事故を防ぐためにも早期に病気に気づく事が重要であると述べられております。

当院では眼底3次元画像解析装置(OCT)、自動視野計を備えており、その場で検査結果をお伝えすることが可能です。今まで視力検査で問題がなく目には自信があるという方も40歳過ぎたら健康診断として一度受診されてみてもよいでしょう。