多焦点レンズ講演会(「京都Quality of Vision 向上研究会」)に参加しました。 

白内障手術では、単焦点レンズ、多焦点レンズが選択肢としてあげられますが、当医院では先進医療施設の認定に伴い、今後ますます多焦点レンズを選ばれる患者さんが多くなる事が予想されます。そのため、多くの症例を経験されております大内先生の講演会はとても興味深く拝聴致しました。特にマイクロモノビジョン併用ブレンドビジョン(MMBV法)は臨床成績も良く、良好なコントラストと近方視力を両立させる可能性のある処方という事です。今後の手術に役立つ情報が多数含まれておりましたので、多くの方々に還元出来ればと思っております。