あだち眼科のアクティビティ

京都府八幡市で唯一近視治療(オルソケラトロジー)、先進医療(多焦点眼内レンズ)を行う眼科施設です。

あだち眼科公式サイトはhttp://adachiganka.net

コンタクトで近視抑制研究

6月に京都府立医大でコンタクトによる近視抑制の臨床研究が行われるという新聞記事がありました。
近視の低年齢化が問題になる中、筑波大学との共同研究で、対象は視力0.6以下の小学生100人を募集するとのことです。
このコンタクトレンズは一般的なレンズと異なり、網膜周辺でもピントが合うように調整されているのが特徴で、目の負担が減らせることにより近視の抑制が期待できる「多焦点コンタクトレンズ」と呼ばれるものです。

当院では近視抑制治療としてはオルソケラトロジー、低濃度アトロピン点眼を主に行なっておりますが、強度近視が強い方やオルソケラトロジー適応外の方にこのコンタクトレンズの採用を検討しております。興味のある方はご相談下さい。

最新の白内障手術

2018年6月3日に東京で開催された`Circus of Cataract 2018`という最新の白内障手術に関する学会に参加しました。

アクティブなライフスタイルを取り戻すことをコンセプトに作られましたAlconの「ACTIVE FORCUS」という多焦点レンズについて詳しく紹介されました。
特に遠方から中間距離が見易いとされるこのレンズは、グレアハロー(夜間の車のライトや街灯がややにじんで見える現象)も少ないとされ、夜間運転する人にもお勧めです。
このレンズはToric(乱視用)もあります。

またクラリオンという単焦点レンズについては、まだ承認はされてないのですが、レンズの材質が安定しており、製造プロセスの改善、乱視軸も少なく大変期待出来るレンズであるということです。ディスポーザブルで自動でプッシュすると押し出されるので術中にはとても挿入しやすいということでした。

当院ではなるべく質の良いレンズを患者さまに使用することで、より快適な術後生活を送って頂けるよう、日々進化しているレンズについては最新の情報を得るように努力していくつもりです。
IMG_1754



眼瞼下垂手術

前回に引き続き眼瞼下垂手術についてお話をします。

第41回日本眼科手術学会学術総会での眼瞼下垂手術で大変有名な愛知医大の柿崎裕彦先生によると、上眼瞼の解剖や生理を知っておくことが術後の満足いく結果を求める上で重要であることが示されておりました。上眼瞼挙筋の末端で上枝と下枝に分かれる挙筋腱膜とミュラー筋を解剖学的に理解することが深められ大変興味深く拝聴させていただきました。また、術後における合併症の理解も重要であり、ドライアイ、直乱視の程度が大きくなるなど、術者として必ず把握しておかなくてはならない知識もお話がありました。


以下の写真は当院で行った眼瞼下垂手術の術前術後です。術後黒目部分がはっきり見えていることがわかります。

術前⇩

IMG_1741


術後⇩

IMG_1742

ギャラリー
  • 本当に瞼が下がっているだけでしょうか
  • 近視進行抑制のもう一つの選択肢
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会
  • ロービジョン研修会